新入社員のオンライン研修!マナーもオンラインから

Written by:

新入社員の研修ではオンラインマナーが重要な時代に

新卒のように社会人経験のない新入社員を迎え入れるときにはビジネスパーソンとしての最低限のマナーの研修をすることが重要です。OJTで教えていくこともできますが、新入社員の数が多いときにはまとめて研修をした方が効率的にビジネスマナーを覚えさせられるでしょう。新入社員の研修ではオフラインで合宿をするケースもありましたが、近年ではオンライン研修が一般的になってきています。オンライン研修では対面でのマナーを学ばせるのが難しいこともあります。しかし、オンラインミーティングが増えている影響で、オンラインマナーが重要な時代になりました。新入社員の研修ではまずオンラインマナーの研修を実施することから始めるのが合理的になっています。

オンライン研修で実践的に学ばせよう

オンラインのビジネスマナーはオンライン研修でも実践的に学べるのがメリットです。オンラインで会議システムを利用し、データを共有しながらプレゼンテーションをしたり、会議のファシリテーションをしたりする実践的な研修ができます。システムの使い方などの基礎から社員教育を進めることができる点でも優れているでしょう。オンラインマナーはだんだんと変わってきているので、最新の情報を集めてから研修を実施するのが肝心です。研修プログラムもオンラインの場合にはまだ確立されていないことが多いでしょう。新人研修が滞りなく進められるようにするために、人材教育のコンサルティングなども利用して綿密な計画を立てるようにしましょう。

社員教育は、従業員が会社の理念やコンプライアンスを理解し、それらに従って仕事をしていくために行われています。