マーケティングオートメーションにデメリットはある?何が問題になり得るのか!

Written by:

マーケティングオートメーションは慣れるまでが問題

マーケティングオートメーションは自動化による効率的なマーケティングが可能なのでメリットはたくさんあります。業務効率の向上やタイムリーなアプローチなどの様々な観点からマーケティングオートメーションが高い評価を受けています。しかし、マーケティングオートメーションは慣れないと扱いづらいのが問題になりがちです。自動化のためのプログラムを組んだり、条件設定をしたりする必要があります。直接的なマーケティングに慣れてきた人にとっては考え方がまるで違うので、業務が滞ることすらあるのが実情です。いかにして人材を教育してスムーズに使いこなせるようにするかがマーケティングオートメーションを導入するときの課題になっています。

顧客によっては印象が悪くなる

マーケティングオートメーションはターゲットによっては効果が上がりにくいというデメリットもあります。マーケティングオートメーションによって自動的におこなわれたアプローチに対して悪い印象を持つ顧客も決して少なくありません。多くの人に一斉に配信されたメールは全てスパムにしてしまう人もいます。商品のサジェストをされても余計なお世話だという印象を持つ人もいるでしょう。このような人にはマーケティングオートメーションの施策が逆効果になりがちです。ターゲットをよく考えて、マーケティングオートメーションをするのが良いかどうかは吟味する必要があります。通常のマーケティングとの並行運用も検討した方が幅広いターゲットを対象にできます。

マーケティングオートメーションとは、マーケティングを自動化する仕組みのことです。定期的に顧客に送るDMやwebでの集客などの業務を自動化することで、マーケティングや営業活動をより効率よく行うことができます。