iPhone修理の中でも多いガラス割れを予防する方法

Written by:

まずは落とさないことが予防につながる

iphoneを修理に出すケースとして多いのがガラス割れです。iphoneの画面はプラスチックではなく、ガラスを使っているので、強い衝撃を与えるとバキバキに画面にヒビが入ってしまいます。また、その状態で使用を続けると操作が行えなかったり、割れたガラスで手を切るなど二次災害が起こる可能性も高いです。特に落下によってガラスが割れる事が多いので、まずは落とさないような工夫をしていきましょう。一つはスマホリングを使う方法です。スマホリングを本体の背面に取り付け、使用する際はそこに指を入れたり引っ掛けて使います。指が引っかかる部分を作っておけば、ツルッと滑って落とすことが少なくなります。その他には滑りにくい手帳ケースに入れて使ったり、ストラップを付けられるスマホケースを使うという方法もあります。

ガラス割れを防ぐ液晶フィルム

また、液晶フィルムを張るのもガラス割れの予防に繋がります。液晶フィルムは画面を汚れから守るだけではなく、ガラス割れ予防効果もありますので一石二鳥の商品となっています。更に、液晶フィルムを使わない状態でガラス割れが発生すると、小さなヒビがどんどん広がってしまうこともありますが、液晶フィルムを貼っていればヒビが拡大するのを押さえられたりもします。液晶フィルムを貼っていれば、割れたガラスが指に刺さったりすることも押さえられますので、ガラス割れが心配な方は使ってみましょう。ちなみに、色々と対策をしても割れてしまったら、早めにiphone修理業者に見てもらうことが大切です。ガラスを交換してもらえば、また元の状態のように使えます。

iphoneの修理は大きく分けて、契約しているキャリア・ Appleストア・iphone専用の修理店の3箇所で出すことができ、1年以内であればAppleストア、1年以降は加入している補償先に出すことがベストです。